テレワークの勤怠管理導入にIT補助金が使えます!

テレワークの勤怠管理

テレワークの勤怠管理

労働時間の管理が難しいテレワーク

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、また緊急事態宣言が出されかねない状況となってきました。企業ではテレワークを再び強化していく必要があります。
テレワークは電車通勤や社内での感染リスクを防ぐために効果的な対策と言えますが、その一方、テレワークを行う上での課題として、企業側からは「労働時間の管理が難しい」、労働者側からは「仕事と仕事以外の切り分けが難しい」「長時間労働になりやすい」などの点がそれぞれ挙げられています。
自宅であっても始業時間になれば自主的にデスクに向かい、就業時間まで業務に集中するという従業員もいると思いますが、全員が常に自主的に対応できるかというと現実的には難しいでしょう。

テレワークの労働時間の管理が簡単に!

始業時間と終業時間はデスクに着席

勤怠管理システムTime-Rは、各従業員の自宅やリモートワークの作業場所で、スマートフォンやカメラ内蔵型ノートパソコンを使い、打刻した場所と時間に加え従業員の写真を記録に残すことができますので、従業員の意識を高めると同時に不正打刻対策が可能です。また、始業時間と終業時間にはデスクに着席し、業務に向かう姿勢であることを記録するという管理があれば従業員の意識も大きく変わります。

テレワークの休憩時間の管理も可能

テレワークの場合、休憩の時間・頻度を従業員自身に任せ、効率的に業務を遂行ことが企業・従業員双方にとってのメリットです。勤怠管理システムTime-Rは、従業員毎に休憩時間の自動記録方法を詳細に設定することができます。基本的な休憩取得時間を予め決めておき、勤怠管理システムが自動で記録します。(※従業員の判断で休憩取得時間帯を自由に変更できることが前提)
テレワークの休憩時間についてはこちらの記事もご覧ください。テレワークでの休憩時間について

残業時間の自動計算や申請による承認

テレワークでもオフィスでの仕事と同じく、始業時間と終業時間、仕事のスケジュールも決めて行うと思います。すると時には残業をしなければならないケースもでてきます。勤怠管理システムTime-Rでは、従業員のスマートフォンやパソコンから残業の申請が行えるとともに、その従業員の管理者が承認を行うことで残業時間を確定することができます。オフィスと違い、テレワークでの長時間労働がわかりにくいため、きちんと申請・承認を行い時間管理をしましょう。
残業時間については、法定労働時間と所定労働時間についての記事もご覧ください。
残業代の計算、正しくできていますか?

テレワークを実施する上で勤怠管理は重要なポイント

これからテレワークが恒久化される可能性を考えると、業務時間とプライベートタイムのメリハリをつけ一人一人の生産性を低下させないことが、従業員と雇用者双方にとって、テレワークを実施する上で最も重要なポイントになるかと思います。テレワークを導入されている企業様は、ぜひTime-Rの画像撮影と位置情報の記録機能を活用をご検討ください。

詳しい資料をメールアドレス登録にてダウンロードしていただけます。
【労働基準法改正】に対応した機能を わかりやすくご紹介します!

Time-Rの導入にはIT導入補助金が利用できます

テレワーク環境の整備にも利用できるIT導入補助金の特別枠

経済産業省では、新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和・支援するため様々な補助金や助成金を打ち出しています。
その中でIT導入補助金は、企業が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
テレワークの導入や業務改善の費用については、昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策としてIT導入補助金の特別枠(C類型)があります。

補助金・助成金の利用についてはご相談ください

弊社は「令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金」のIT導入支援事業者に認定されており補助金申請の代行をします。お客様には手間がかかりませんので補助金の利用をご希望の場合はご相談ください。
その他の各種補助金・助成金がご活用される場合も柔軟に対応させていただきます。

テレワークの勤怠管理がスムーズに行える勤怠管理システムTime-Rにご興味のある方は下記メールフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

グリーン株式会社 ITソリューション事業部
【お問い合わせ電話番号】0120-905-405 (営業時間:平日9時~17時)