フレックスタイム制では休日労働や深夜業の取扱いはどのようになりますか?

フレックスタイム制において、休日労働や深夜業の取扱いはどのようになりますか?
  1. 業務の都合によっては、法定休日に労働をさせる必要が生じる場合があると思いますが、この場合使用者と労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合と、ない場合には労働者の過半数を代表する者と書面による協定(36協定)を締結し、これを労働基準監督署長に届け出た場合は、この労使協定の範囲内で休日に労働させることができることとなっています。

  2. 法定休日や深夜(午後10時から午前5時)に労働した場合は、それぞれ3割5分以上、2割5分以上の率で計算した割増賃金の支払いが必要となります。なお、法定の労働時間を超えて労働した場合には、この率は2割5分以上となります。

出典:効率的な働き方に向けてフレックスタイム制の導入 Q&A