時間外労働において、どのような場合が法律違反になりますか?

時間外労働において、どのような場合が法律違反になりますか?

労働基準法においては、時間外労働を行わせるためには、36協定の締結・届出が必要です。

労働基準法では、労働時間は原則として、1日8時間・1週40時間以内とされています。これを「法定労働時間」といいます。また、休日は原則として、毎週少なくとも1回与えることとされています。

法定労働時間を超えて労働者に時間外労働をさせる場合や法定休日に労働させる場合には、

  1. 労働基準法第36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)の締結
  2. 所轄労働基準監督署長への届出

が必要です。

36協定では、「時間外労働を行う業務の種類」や「時間外労働の上限」などを決めなければなりません
したがって、36協定を締結せずに時間外労働をさせた場合や、36協定で定めた時間を超えて時間外労働をさせた場合には、労働基準法第32条違反となります。(6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金)

今回の法改正では、この36協定で定める時間数について、上限が設けられました。また、36協定で定めた時間数にかかわらず、

  1. 時間外労働と休日労働の合計時間が月100時間以上となった場合
  2. 時間外労働と休日労働の合計時間について、2~6か月の平均のいずれかが80時間を超えた場合

には、労働基準法第36条第6項違反となります。(6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金)

出典:「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」(厚生労働省)